ズボラ妻とマメ夫の生活ブログ

育休中に始めたズボライフをつづるブログ〜育児と保活とインテリアと〜

お宮参りって何?いつするの?明治神宮でのお宮参りをまじでおすすめする理由と注意点

皆さまこんにちは。

ズボラ妻です。

 

先月ズボラ妻の娘も無事生後1ヶ月を迎えまして、明治神宮にお宮参りに行ってきましたので、その体験談を報告したいと思います。

明治神宮へのお宮参りを検討している方の参考になればと思います。

 

f:id:zubolife-blog:20171113102214j:plain

 

お宮参りって何?いつするの? 

お宮参りは産土神(うぶすながみ)に

子供産まれましたよ〜、元気に育ちますように!とお参りする行事のことです。

地方により、お宮参りの時期をいつ行うかは様々ですが、一般的には「男の子では生後31・32日目」「女の子では32・33日目」が良いとされています。

しかし、実際には日数にこだわる必要はなく、生後30日前後で母親や子供の体調を最優先で決めればOKです。夏の猛暑時期や冬の極寒時期も無理に行う必要はなく、気候の良い季節に延期して構いません。

出典元:

2/5 お宮参りの基礎知識!時期・服装・写真・お金・マナー [赤ちゃんの行事・お祝い] All About

最近では生後100日頃にお食い初めと同時にやる家庭も増えているようですね。

赤ちゃん・両親・祖父母で行うことが一般的ですね。

 

明治神宮でのお宮参りの流れ

お宮参りのご祈祷は明治神宮内の神楽殿で執り行われます。

9:30-16:30のうち30分に1回行われ、希望の回の10分前までに申し込みをします。

この際に初穂料を支払います。(明治神宮の場合、5000円〜)

申込後は神楽殿1階の待合いスペースで開始時間まで待機します。

お宮参り以外にも七五三の参拝客などと、同時にご祈祷を受ける形となっています。

ご祈祷にかかる時間は30分程度です。祈祷では住所や子供の名前を読み上げてくれます。

 

でも正直名前と住所以外は何言ってるのかさっぱり分からなかったです。

「とおぉうきょおぉうとおぉ〜めえぇぐろおぉ〜にいぃぃ〜すうぅまぁう〜ずうぅぼおぉらあぁむうぅすうぅめぇぇ〜」という感じです。

※東京都目黒区に住まうズボラ娘

 

待合スペースにはクーファンも設置されており、赤ちゃん連れでも安心です。

 

 

明治神宮をおすすめする5つの理由

①時間が予約制でない

これはとてもありがたいです。

赤ちゃんがいると出かける間際になってゲボッとかブリッ。ぎゃー!!

と大騒ぎ、なんてことよくありますよね。明治神宮のお宮参りは予約制ではなく、当日着いてから希望の回を申し込めば良いので、時間の読めない赤ちゃん連れのお出かけには最適です。

 

②神楽舞を間近で見ることができる

参拝祈願の受付場所
 


明治神宮神楽殿では、厳かな神楽舞を奉納して、ご家族皆様の幸せを願う家内安全、身体安全祈願を始め、厄祓い、受験生の合格祈願、そして会社の隆昌を祈念する社運隆昌、商売繁昌祈願など随時執り行っております。

出典元:

明治神宮-ご参拝・ご祈願される方へ-

この神楽舞を身近で見ることが出来ます。

これね、すごいんです。2人の巫女さんが太鼓のリズムに合わせて踊ります。なかなか見られる機会ないですよ。

 

祈祷のスペースはかなり広く、「赤ちゃんが泣いてしまったら立って後ろであやして大丈夫です。」とのありがたいお言葉もありました。

我が家の娘はご祈祷中、泣かずに寝ていてくれてお利口だったのですが

盛大なおならをブーッと2回かましていました。

こりゃあ大物になるな。

 

③写真撮影ができる

祈祷場所の神楽殿の地下でそのまま写真撮影が可能です。

また、写真館では無料で赤ちゃんにかける祝い着の貸出もしてくれます。

カメラマンの方は全力で赤ちゃんをあやしにかかります。必見です。

できた写真はこんな感じです。

まぁ、可愛い。

f:id:zubolife-blog:20171113141107p:plain

 

 

④初穂料の金額によって、お食い初め膳がもらえる

明治神宮の初穂料は5000円〜ですが、

10000円納めると名前入りの神札と明治神宮の紋入りの立派なお食い初め膳一式がもらえます。

もらったお食い初め膳はこちら。

 

f:id:zubolife-blog:20171113141342j:plain

 おっしゃれですね!だんだんとあなたも明治神宮でお宮参りがしたくなってきましたね。

 

⑤設備が整っている

神楽殿には授乳室もあり、中にはベビーベッドやクーファンが用意されていました。

祈祷までの待合スペースにもクーファンが設置されていたり、 赤ちゃん連れでも困ることはありませんでした。

 

明治神宮でお宮参りをする際の注意点

明治神宮内はかなり広く、駅から神楽殿までは1kmほどの砂利道を歩かなければなりません。

雰囲気も良く、散歩するにはかなりオススメなのですが、赤ちゃんを抱っこして、ヒールなどで歩くのは大変です。

車で神楽殿のすぐそばまで乗り付けることができるので、最寄りの駅からタクシーの利用をおすすめします。

自家用車の場合でも、神楽殿のそばに無料の駐車場が整備されています。

 

 

生まれてから1ヶ月、子どもの成長は早いですがなかなか嬉しいものです。

同じくお宮参りをされる皆さまの参考になれば幸いです。

 

それでは今回はこの辺で。